資格」カテゴリーアーカイブ

持ってて便利、登録販売者資格

登録販売者について説明します。

登録販売者とは医薬品の販売をできる人のことです。

少し前まではお薬を買う場合は薬剤師がいないと買うことができませんでした。

それが2009年から薬剤師が不在でも一部商品を除いて登録販売者が医薬品を販売できるようになりました。

医薬品にはランク付けがされていて第一類医薬品、第二類医薬品、第三類医薬品があります。

登録販売者は第三類医薬品の販売を行うことができます。

この第一類、第二類などの分類は、第一類医薬品は第二類医薬品より、第二類医薬品は第三類医薬品より副作用が強かったり、成分が強かったりっていうのがあるので専門知識がしっかりある薬剤師が販売を手伝いましょうってことです。

逆に第三類医薬品は整腸薬や消化薬など比較的身体に優しい成分を含むもので、これくらいなら薬剤師でなくても販売できるよ。といった分け方です。

登録販売者の資格を持っていればドラッグストアや薬局で働くこともできますし、資格ということで優遇されることもあります。

世の中にドラッグストアはコンビニ並みにありますから、困ったときにこの登録販売者資格が役に立つことがあるでしょう。

持っていて損はない資格でしょう。

PR|エステの資格を東京で取る!|